トラブル解決ナビ

日常生活に潜んでいるトラブルを解決するための法律や事例を紹介しています。

出て行ってしまった嫁のパチンコで作った借金を旦那は払う必要があるか

Aさんの奥さんは3年ほど前からパチンコにはまりはじめ、2年前からとうとう消費者金融から借金をし始めてしまい、現在では総額80万円の借金があります。
ある日突然奥さんが家を出てしまい、途方に暮れていたところに消費者金融から旦那さんに対して、奥さんと連絡がつかなくなったから奥さんの借金を返してくれという連絡がありました。
Aさんは奥さんが借金をしている事実を知らなかったのですが、この消費者金融からの連絡ではじめて奥さんの借金の事実を知りました。
Aさんはどうしていいのかわからないということなんですが、どうしたらいいんでしょうか。
出て行ってしまった嫁のパチンコで作った借金を旦那は払う必要があるか

消費者金融が旦那さんに対して、奥さんの借金を払ってくれという督促があったということですが、普通一般的に考えて旦那さんは契約の当事者ではありません。
契約の当事者はあくまでも奥さんと消費者金融ですから、消費者金融が契約以外の旦那さんに対して請求するという点に法的な根拠があるかどうかをまず考えないといけません。

まず1つ考えられるのが、連帯保証人になっている場合で、その場合には当然、消費者金融は旦那さんに対して請求できます。
そしてもう1つは、日常家事に対する借金で、いわゆる生活用品の購入や教育費や医療費、そういう夫婦生活を営む上においての生活品については、たとえ旦那さんがその契約の当事者になっていなくても旦那さんが支払う連帯責任があるということになります。

しかし、今回はパチンコということで、日常家事に関する債務にも当たらないということですから消費者金融の催促、請求に法的根拠はありません。
仮に消費者金融の方が日常家事に関する債務で契約当事者以外の旦那さんに対して払ってくれという請求がきているのであれば、それは消費者金融の方で立証しなければいけません。

Aさんの方でパチンコの借金なんだということを立証する必要はなく、法的には支払う義務はないということを消費者金融に言えばそれで済みます。
しかし、80万円の借金は奥さんには支払う必要があり、夫婦生活を続けていくことを二人で決めたのであればこの借金を何とか解決しなければいけません。

ただ問題なのがこの借金の金利で、利息制限法以上の金利で借りている場合であれば、その超過した部分を減額できる可能性はあります。
従って、そのような場合には、司法書士や弁護士のような専門家に相談して解決していくことになるので、まずは早く奥さんを見つけ出してなんとか話し合いをすることが大事です。

 - お金に関するトラブル, 家族のトラブル

  関連記事

親が認知症になったら成年後見制度を利用しよう

Aさんには90歳になる父がいます。 1年ほど前に母が他界したのをきっかけに、父は認知症で入院しています。 Aさん自身は65歳で定年を迎え、現在Aさん夫婦に収入はなく、父の入院費はかなりの負担になっているということです。

出世払いの借金の返済期限はいつ?

3年前、出世払いで返すからと借金を頼み込んできた友人に、現金10万円を貸しました。 この借金については契約書を交わしているわけではなく、特に返済の期日を決める事もしていません。 これまでに何度か返済を迫りましたが、まだ出世していないからと友 …

年齢を偽って借金をした未成年の息子の借金を支払う義務は親にあるか?

Aさんの息子は19歳の学生で、親元を離れて一人で住んでいますが、先日息子から消費者金融から45万円の借金をしてしまい、自分では払えないから払ってくれないかという連絡がありました。 どうやら息子は19歳であるということを相手方の消費者金融に告 …

相続においてビデオテープによる遺言は無効?

父親を亡くしたAさんは、遺産の分配を巡る家族会議を行いました。 遺産の大部分はAさんの父親と妹が一緒に住んでいた家と土地がほとんどで、相続人はAさんを含む兄弟3人で、妹以外は家と土地を売り、そのお金を分配したいと考えていました。

離婚したら元夫の連帯保証人から外れることはできる?

Bさんは協議離婚が成立し、8年の結婚生活を終わらせ、子供を連れて実家に戻りました。 しかし、問題が1つ残っていて、現在元夫が住むマンションは結婚して3年目の時に購入したもので、マンションの購入資金は元夫が銀行から借り入れし、その際にBさんは …

友人が借金を返してくれない場合、どのように催促すべきか

会社員のAさんは、先日学生時代の友人と偶然9年ぶりに再会しました。 久し振りの再会で会話が弾んだAさんと友人でしたが、Aさんはその席で9年前にその友人に60万円を貸していたことを思い出しました。

不利益事実の不告知があり購入したマンションの契約を解除できるケース

部屋からの眺めと日当たりのよさにこだわり、マンション探し続けていたAさんは、ついに希望に合う物件を見つけ、マンションを購入しました。 購入したマンションは、販売業者が「眺めも日当たりも良好です」と勧めてきたもので、その言葉を聞いた上でAさん …

お金を返したくても相手と連絡がつかず返せない場合は供託を利用しよう

Aさんは5年前に会社を設立したときに前の会社の同僚のBさんから100万円を融資してもらい、その際に返済期日を決めて借用書も作りました。

友人同士の借金の時効の援用権と喪失について

学生時代の友人と15年振りに再会したAさんは、15年前に友人から1万円を借りていたのを思い出しました。 Aさんは「利息は負けてくれ」と言って、その場で友人に1万円を返しました。 しかしその後日、Aさんは借金は10年で時効を迎えることを知り、 …

連帯債務と分割債務の違いについて

Aさんは友人2人と田舎の一軒家を買い取り、そば屋を営む計画を立てていました。 ある日良い物件が見つかったので、早速3人は銀行から3人の連帯でローンを組んで買い取り資金の1200万円を調達し、その物件を買い取りました。