トラブル解決ナビ

日常生活に潜んでいるトラブルを解決するための法律や事例を紹介しています。

当選した宝くじは夫婦間で共有財産になるか特有財産になるか

Aさんの奥さんが買ってきた宝くじが、1000万円の大当たりをしましたが、当選金を夫婦の間で分けるかどうかでもめています。
夫婦の財産は共有のものと考えるAさんとは反対に、奥さんは「私が購入して当たった宝くじだ」と言い張り、Aさんには1円も渡さないつもりのようです。
Aさんは現在の状況が続くようなら、夫婦の間とはいえ裁判で解決しなければならないと考えています。
このような場合、法律ではどのように定められているのでしょうか。
当選した宝くじは夫婦間で共有財産になるか特有財産になるか

今回の場合は、Aさんが「当選金は夫婦共有のもの」と主張していますが、法的に宝くじの当選金は夫婦の共有財産になるのかがポイントになります。

基本的には夫婦のものなんだから半分ずつわけるという考え方でいいと思います。
夫婦で協力して、築き上げた財産や取得した財産は全て共有財産というふうに考えるのが一般的です。

この場合は、宝くじは共有財産になるのかどうかで、共有財産は結婚生活の中で夫婦の協力によって得た財産を夫婦の共有財産というと定義されています。
単純に考えれば、旦那さんが働いて奥さんが専業主婦の場合は、奥さんは仕事はしていないけれど家事などをしているので、2人の共有財産ということです。
例えば洗濯機を買ったということであれば、それは共有財産になり、2人の協力で得られたお金で買ったものということになります。

共有財産に対して、その反対の奥さんなら奥さんのもの、旦那さんなら旦那さんのものという財産は「特有財産」と言います。
具体的には、女性の方であれば、結婚する時に嫁入り道具などのものは奥さんの方の特有財産です。
あるいは結婚生活の中で、自分の両親が、亡くなって財産を相続したという場合、その相続した財産も特有財産となります。
結婚生活の中でお互いに協力して得た財産ではなく、自分が貰ったものだから、それを夫婦で共有する必要はないということで、このようなものを特有財産といいます。

共有財産と特有財産においてどういう点について違いが出てくるかというと、例えば離婚した場合に財産分与と言う事があり、財産分与というのはその財産を分けるということで、共有財産ということであれば財産分与の対象の財産になり、お互いに半分ずつ分けるということになります。
一方で、特有財産であれば、それは共有財産ではないので、離婚した場合でもわける必要はありません。

今回の場合の宝くじですが、結婚生活の中で夫婦が互いに協力して得た財産ではないということで、宝くじは共有財産にはなりません。
従って、これは夫婦で分けなくてもよく、簡単に言えば奥さんだけのものということです。

また、宝くじが当たった場合、「当せん金付証票法」という法律があり、それによって所得税はかかりません。

 - 生活のトラブル ,

  関連記事

ネットショッピングで間違えて注文した場合は返品できる?

Aさんはインターネットの販売サイトで、ニットを1着購入しました。 ところが数日後に2着のニットが送られてきました。

電車の中で嘔吐物をかけられ洋服が汚れた場合の損害賠償

A子さんは残業で帰宅が遅くなり、最終電車で帰宅していました。 A子さんはドアの近くに立っていましたが、酒に酔っているように見えた隣の男性が突然嘔吐し、A子さんのスーツが汚れてしまいました。

離婚したとき養育費の支払いの約束は口約束だけでなく公正証書でしよう

7年前に結婚したA子さんは、夫との間に小学1年生の女の子がいます。 しかし夫とは喧嘩が絶えず、A子さんは離婚したいと考えるようになりました。 一方で夫は離婚の申し出を拒否し、A子さんと再度話し合った結果、しばらく別居して冷却期間をもうけるこ …

ゴミ出しのルールを守らない人やルール違反者への対処法

Aさんの住む地域は住宅街で、Aさんの家と隣の家との間にごみの集積所があります。 これまでは大方ごみ出しのルールは守られてきましたが、ある日を境に頻繁にごみ出しのルールを守らない人が現れてきました。

集団住宅で隣の部屋が火事になり自分の部屋が燃えてしまった場合、損害賠償はできるか

賃貸契約のワンルームマンションに住むAさんは、先日帰宅したところ、自分の部屋と隣の部屋が火事で全焼していました。 火が出たのは隣からで、火事の原因は小さな子供の火遊びがでした。

別れたら付き合っているときにもらったプレゼントは返さなければいけない?

3年間付き合った彼と別れることを決めたA子さんが彼に別れ話を切り出したところ、「これまでプレゼントしたものをすべて返して欲しい」と言われました。 そこでA子さんは服やアクセサリなどを返しましたが、その後彼から連絡があり「やっぱり品物はいらな …

親が認知症になったら成年後見制度を利用しよう

Aさんには90歳になる父がいます。 1年ほど前に母が他界したのをきっかけに、父は認知症で入院しています。 Aさん自身は65歳で定年を迎え、現在Aさん夫婦に収入はなく、父の入院費はかなりの負担になっているということです。

英会話やパソコン教室を途中で解約した場合、一括で払った学費は返ってくる?

30代の女性A子さんは3年前の5月にパソコン教室に入学し、学費の50万円は一括で支払いました。 ところが入学から2か月後に妊娠していることが判明し、体調がよくなかったこともあり学校側に退学と返金を申し出ました。

お金の貸し借りや賃貸借契約で効果を発揮する公正証書とは

Oさんは今度雑貨屋を開くことになり、それを友人に話すと「そういうことなら私も協力する」と、100万円を貸してくることになりました。 友人の厚意に対する誠意から、「いくら友人でもちゃんとした借用書を作ろう、利子は多めに払う」と言ったそうなんで …

飼い犬が通行人に飛び掛ってケガをさせてしまったら損害賠償は発生する?

飼い犬を散歩させていたAさんは、いつも通り犬の首に鎖をつけて歩いていたのですが、普段おとなしい犬が突然正面から歩いてきた通行人の男性に飛び掛ろうとしました。 Aさんは慌てて鎖ごと犬を引っ張ったため、犬と男性は接触していませんが、男性は驚いて …