トラブル解決ナビ

日常生活に潜んでいるトラブルを解決するための法律や事例を紹介しています。

当選した宝くじは夫婦間で共有財産になるか特有財産になるか

Aさんの奥さんが買ってきた宝くじが、1000万円の大当たりをしましたが、当選金を夫婦の間で分けるかどうかでもめています。
夫婦の財産は共有のものと考えるAさんとは反対に、奥さんは「私が購入して当たった宝くじだ」と言い張り、Aさんには1円も渡さないつもりのようです。
Aさんは現在の状況が続くようなら、夫婦の間とはいえ裁判で解決しなければならないと考えています。
このような場合、法律ではどのように定められているのでしょうか。
当選した宝くじは夫婦間で共有財産になるか特有財産になるか

今回の場合は、Aさんが「当選金は夫婦共有のもの」と主張していますが、法的に宝くじの当選金は夫婦の共有財産になるのかがポイントになります。

基本的には夫婦のものなんだから半分ずつわけるという考え方でいいと思います。
夫婦で協力して、築き上げた財産や取得した財産は全て共有財産というふうに考えるのが一般的です。

この場合は、宝くじは共有財産になるのかどうかで、共有財産は結婚生活の中で夫婦の協力によって得た財産を夫婦の共有財産というと定義されています。
単純に考えれば、旦那さんが働いて奥さんが専業主婦の場合は、奥さんは仕事はしていないけれど家事などをしているので、2人の共有財産ということです。
例えば洗濯機を買ったということであれば、それは共有財産になり、2人の協力で得られたお金で買ったものということになります。

共有財産に対して、その反対の奥さんなら奥さんのもの、旦那さんなら旦那さんのものという財産は「特有財産」と言います。
具体的には、女性の方であれば、結婚する時に嫁入り道具などのものは奥さんの方の特有財産です。
あるいは結婚生活の中で、自分の両親が、亡くなって財産を相続したという場合、その相続した財産も特有財産となります。
結婚生活の中でお互いに協力して得た財産ではなく、自分が貰ったものだから、それを夫婦で共有する必要はないということで、このようなものを特有財産といいます。

共有財産と特有財産においてどういう点について違いが出てくるかというと、例えば離婚した場合に財産分与と言う事があり、財産分与というのはその財産を分けるということで、共有財産ということであれば財産分与の対象の財産になり、お互いに半分ずつ分けるということになります。
一方で、特有財産であれば、それは共有財産ではないので、離婚した場合でもわける必要はありません。

今回の場合の宝くじですが、結婚生活の中で夫婦が互いに協力して得た財産ではないということで、宝くじは共有財産にはなりません。
従って、これは夫婦で分けなくてもよく、簡単に言えば奥さんだけのものということです。

また、宝くじが当たった場合、「当せん金付証票法」という法律があり、それによって所得税はかかりません。

 - 生活のトラブル ,

  関連記事

愛人契約や賭け麻雀などの不法な契約が破られた場合、相手に請求できるか

Aさんは結婚しているのにもかかわらず、B子さんに惚れ込んでしまい「ずっと一緒にいて欲しい、必要なお金は払うから」と提案してみたところ、B子さんは了承し、男女の関係を持ちました。 それで、最低でも月に3回以上は会い、月々の契約料として、Aさん …

旅館側のミスで宿泊の予約が取れなかった場合、その損害賠償は請求できるか?

夏休みに人気の温泉旅館に出かけようと考えたAさんは、インターネットで旅館のホームページを見ていると、偶然空き部屋がある日にちを発見しました。 ホームページに「メールを送っていただいた後、旅館側から予約確認の電話をおかけします」と書かれていた …

賃貸物件の更新の際、大家から家賃の値上げを要求されたら

賃貸マンションに住んでいるAさんは来月が契約の更新で、大家さんに対して更新を申し出ましたが、大家さんは土地の価格が上昇したことを理由に一方的に家賃の値上げを通告してきました。 これまで8万円だった家賃を10万円にするというのです。

盗まれたものを発見したがリサイクルショップやオークションで売買されたあとだった場合、取り返せる?

Aさんは大学生で、マンションから学校までAさん自慢の1台10万円の高級自転車で通っていました。 その日はたまたま授業が終わった後、そのまま友達と遊びに行くことになり、学校に自転車を置きっぱなしにして帰りました。

福袋の中身が気に入らない場合、返品できる?

毎年、主婦のAさんは正月になると福袋を買うことを楽しみにしています。 昨日もバーゲンセールで、衣類が詰め込まれた3万円の福袋を発見し、購入するかどうか迷っていると、お店の店員がやってきて、着まわししやすい色の服が入っていて、サイズも大きめの …

別れたら付き合っているときにもらったプレゼントは返さなければいけない?

3年間付き合った彼と別れることを決めたA子さんが彼に別れ話を切り出したところ、「これまでプレゼントしたものをすべて返して欲しい」と言われました。 そこでA子さんは服やアクセサリなどを返しましたが、その後彼から連絡があり「やっぱり品物はいらな …

飲み会の中止を予約していた店に伝え忘れたら損害賠償が必要?

Aさんは友達10人が参加する飲み会の幹事を任され、居酒屋に予約を入れました。 ところが当日、飲み会に参加するはずだった10人のうち8人が急に来られなくなってしまいました。 Aさんは仕方なくその日の飲み会の中止を決定しました。

お金の貸し借りや賃貸借契約で効果を発揮する公正証書とは

Oさんは今度雑貨屋を開くことになり、それを友人に話すと「そういうことなら私も協力する」と、100万円を貸してくることになりました。 友人の厚意に対する誠意から、「いくら友人でもちゃんとした借用書を作ろう、利子は多めに払う」と言ったそうなんで …

集団住宅で隣の部屋が火事になり自分の部屋が燃えてしまった場合、損害賠償はできるか

賃貸契約のワンルームマンションに住むAさんは、先日帰宅したところ、自分の部屋と隣の部屋が火事で全焼していました。 火が出たのは隣からで、火事の原因は小さな子供の火遊びがでした。

未成年者が年齢を偽って交わした契約を後から取り消すことができるか?

18歳のA君はインターネットで知り合った人から個人売買で中古のパソコンを購入しました。 引渡しの際に相手から年齢を聞かれたので、A君は自分とそっくりな兄の免許証を見せ「21歳である」と偽りました。 安心した相手に、A君は代金の半額を支払い、 …