トラブル解決ナビ

日常生活に潜んでいるトラブルを解決するための法律や事例を紹介しています。

ホームページ上の画像やイラストを無断で使用すると損害賠償が発生する?

イラストを書くのが好きなAさんは、趣味で書いたイラストをインターネット上のホームページで公開していました。
そんなAさんはある日、自宅の近くで居酒屋の入り口に貼ってあったポスターにAさんが書いたイラストが使われているのを見つけました。
Aさんはホームページに「無断転載・配布などの行為はご遠慮ください」と書いていましたし、この居酒屋に対しイラストを使ってもいいと許可していません。
Aさんはこの居酒屋にイラストの使用をやめさせることができるのでしょうか。
ホームページ上の画像やイラストを無断で使用すると損害賠償が発生する?

問題はイラストが著作物にあたるかどうかという点になります。
まず、著作物を保護規定している「著作権法」という法律があり、その中で著作物は「思想または感情を創作的に表現したものであって、文芸だとか学術・美術・または音楽の範囲に属するもの」という定義づけをしています。

著作物の定義では、著作物の範囲が曖昧で解釈が難しいので、著作権法の第10条で著作物を例示をしており、小説や、脚本、音楽、舞踊、建築、絵画、コンピューターのプログラムなどが幅広く該当しています。

第10条の中で、絵画や版画や彫刻、その他の美術の著作物という例示をしてあるので、そこにイラストが該当し、今回の場合は、Aさんが自分でイラストを作ったということで、Aさんが書いたのもその中に入るということになります。

そうするとその著作物、イラストを勝手に使用すれば、その権利を害するということになるので、不法行為としての損害賠償の請求ができることになります。

従って、損害賠償を訴えてAさんに認められた場合は、イラストの対価となる使用料を請求することができるということが通常だと思います。

また、Aさんは「無断転載・配布などの行為はご遠慮ください」とホームページ上に書いていますが、これは書いていなくても同じことで、個人が創作したものですから、基本的には他人がそれを使ってはいけません。
ですからそのホームページ上にある注意書きは、いわゆる紛争防止の注意書きのような位置づけになります。

今回は、著作物を印刷・写真・複写・録画など、その他方法により有形的に作成する権利、著作権法の中の複製権を侵害したということになります。

従って、Aさんのイラストは著作物であり、Aさんは著作権を主張でき、イラストを無断でポスターに使った居酒屋は、著作権者であるAさんの権利を侵害していることになります。
そして、Aさんは居酒屋にイラストの使用料を請求することができ、今後の無断使用をやめさせることが可能で、場合によっては損害賠償を請求することができます。

 - 生活のトラブル , ,

  関連記事

お金の貸し借りや賃貸借契約で効果を発揮する公正証書とは

Oさんは今度雑貨屋を開くことになり、それを友人に話すと「そういうことなら私も協力する」と、100万円を貸してくることになりました。 友人の厚意に対する誠意から、「いくら友人でもちゃんとした借用書を作ろう、利子は多めに払う」と言ったそうなんで …

飲み会の中止を予約していた店に伝え忘れたら損害賠償が必要?

Aさんは友達10人が参加する飲み会の幹事を任され、居酒屋に予約を入れました。 ところが当日、飲み会に参加するはずだった10人のうち8人が急に来られなくなってしまいました。 Aさんは仕方なくその日の飲み会の中止を決定しました。

駅前の放置自転車が引き起こした事故の責任は自治体や鉄道会社にある?

毎朝電車で通勤しているAさんの最寄の駅は自転車の違法駐輪が非常に多く、つい最近それが原因で大変なことになりました。 Aさんは前から来た人を避けようとして、違法駐輪している自転車に接触し、自転車もろとも将棋倒しとなり、額を8針ぬう怪我をしまし …

有料駐車場で当て逃げにあった場合、駐車場の管理会社に請求できるか?

Aさんは、車を有料駐車場に停めて、用事を終えて駐車場に戻ってくると、車が当て逃げの被害にあっていました。 すぐに警察と駐車場の管理会社に連絡すると、担当者が駆けつけました。

旅館側のミスで宿泊の予約が取れなかった場合、その損害賠償は請求できるか?

夏休みに人気の温泉旅館に出かけようと考えたAさんは、インターネットで旅館のホームページを見ていると、偶然空き部屋がある日にちを発見しました。 ホームページに「メールを送っていただいた後、旅館側から予約確認の電話をおかけします」と書かれていた …

又貸ししたものを返せないときは誰が弁償する?

会社員のA子さんは、知人から有名ブランドのネックレスを借りてパーティーに出席しました。 パーティーの数日後、今度はA子さんの家に友人のB子さんが遊びに来て、B子さんが、一日だけそのネックレスを貸してと言います。

旦那名義のクレジットカードを勝手に使用した場合、支払い義務は誰にある?

ある日、Aさんの妻がAさん名義のクレジットカードを勝手に持ち出して、200万円分も衝動買いをしたということを告げられました。 しばらくしてAさんのもとには200万円の支払いを求める請求書が届きました。

福袋の中身が気に入らない場合、返品できる?

毎年、主婦のAさんは正月になると福袋を買うことを楽しみにしています。 昨日もバーゲンセールで、衣類が詰め込まれた3万円の福袋を発見し、購入するかどうか迷っていると、お店の店員がやってきて、着まわししやすい色の服が入っていて、サイズも大きめの …

飼い犬が通行人に飛び掛ってケガをさせてしまったら損害賠償は発生する?

飼い犬を散歩させていたAさんは、いつも通り犬の首に鎖をつけて歩いていたのですが、普段おとなしい犬が突然正面から歩いてきた通行人の男性に飛び掛ろうとしました。 Aさんは慌てて鎖ごと犬を引っ張ったため、犬と男性は接触していませんが、男性は驚いて …

酒の席で酔っ払っている人に殴られたり、暴力を振るわれたりしたら

居酒屋でお酒を飲んでいたAさんは、偶然隣に座った見知らぬ男性と野球の話で盛り上がりました。 始めは楽しく飲んで話をしていたAさんと男性でしたが、お酒が入るにつれてお互いに遠慮がなくなり、徐々にムードが悪くなってきました。