トラブル解決ナビ

日常生活に潜んでいるトラブルを解決するための法律や事例を紹介しています。

駅前の放置自転車が引き起こした事故の責任は自治体や鉄道会社にある?

毎朝電車で通勤しているAさんの最寄の駅は自転車の違法駐輪が非常に多く、つい最近それが原因で大変なことになりました。
Aさんは前から来た人を避けようとして、違法駐輪している自転車に接触し、自転車もろとも将棋倒しとなり、額を8針ぬう怪我をしました。
怒りが収まらないAさんは、自転車の防犯登録番号から自転車の持ち主を調べ損害賠償を求める考えです。
また、違法駐輪を放置している鉄道会社や地方自治体にも責任があると考え、損害賠償させようとしています。
駅前の放置自転車が引き起こした事故の責任は自治体や鉄道会社にある?

損害賠償ということですが、これは不法行為に基づく損害賠償の案件で、不法行為に基づく損害賠償の一般的な要件は4つほどあります。
1つ目は、過失責任の原則。自分の故意または過失による行為に基づくこと。
2つ目は、その行為によって他人の権利・ないしは利益を、違法に侵害したということ。
3つ目は、その違法な行為により、損害が生じた場合。
4つ目が、その加害者に責任能力があること。
以上の4つが、不法行為の成立条件ということになっています。

今回の場合にそれを当てはめてみますと、かなり難しい点があります。
まず相手方を特定できるかどうかで、自転車の持ち主については、防犯登録番号から調べようと考えているみたいですが、そもそも防犯登録番号からそういう持ち主、あるいは使用者を調査できるかどうかが1つ問題になります。

防犯の登録番号がわかれば、最寄の警察署に行って調査してもらうということになりますが、確かに相手方を特定するのはちょっと難しい可能性があります。

他には、先程の要件の中の因果関係の問題で、ある行為によって損害が生じた場合、原因と結果に因果関係があったかどうかで、確かに違法駐輪によってAさんがけがをしたのかという点です。
この因果関係というのを、証明しないといけなく、これは訴えようとする人に全部の立証責任があり、ここではAさんということになります。

また、自転車の持ち主がわかって損害賠償を請求をすることが認められるかどうかは裁判所の判断になり、鉄道会社や地方自治体にも責任があるとして損害賠償を請求しようと思っているということですが、そもそも鉄道会社や地方自治体が違法駐輪を放置していたかどうかが問題になります。
一般的には自治体などの活動で、「違法駐輪してはいけない」という看板を立てるとか、何ヶ月かに一回違法駐輪の撤去したりしています。
そういうことをしているのであれば、鉄道会社や地方自治体が違法駐輪を放置していたというのは、認められない可能性があります。
また、止まってその人が通り過ぎるまで待つとかしなかったAさんの方にも多少の過失があると思います。

気持ちが治まらないということであれば、そういう訴えを提起してもかまわないと思いますけども、過失相殺ということで、全額認められるのはちょっと難しいのかなと思います。

 - 生活のトラブル , ,

  関連記事

別れたら付き合っているときにもらったプレゼントは返さなければいけない?

3年間付き合った彼と別れることを決めたA子さんが彼に別れ話を切り出したところ、「これまでプレゼントしたものをすべて返して欲しい」と言われました。 そこでA子さんは服やアクセサリなどを返しましたが、その後彼から連絡があり「やっぱり品物はいらな …

ネットショッピングで間違えて注文した場合は返品できる?

Aさんはインターネットの販売サイトで、ニットを1着購入しました。 ところが数日後に2着のニットが送られてきました。

賃貸物件の更新の際、大家から家賃の値上げを要求されたら

賃貸マンションに住んでいるAさんは来月が契約の更新で、大家さんに対して更新を申し出ましたが、大家さんは土地の価格が上昇したことを理由に一方的に家賃の値上げを通告してきました。 これまで8万円だった家賃を10万円にするというのです。

飲み会の中止を予約していた店に伝え忘れたら損害賠償が必要?

Aさんは友達10人が参加する飲み会の幹事を任され、居酒屋に予約を入れました。 ところが当日、飲み会に参加するはずだった10人のうち8人が急に来られなくなってしまいました。 Aさんは仕方なくその日の飲み会の中止を決定しました。

集団住宅で隣の部屋が火事になり自分の部屋が燃えてしまった場合、損害賠償はできるか

賃貸契約のワンルームマンションに住むAさんは、先日帰宅したところ、自分の部屋と隣の部屋が火事で全焼していました。 火が出たのは隣からで、火事の原因は小さな子供の火遊びがでした。

愛人契約や賭け麻雀などの不法な契約が破られた場合、相手に請求できるか

Aさんは結婚しているのにもかかわらず、B子さんに惚れ込んでしまい「ずっと一緒にいて欲しい、必要なお金は払うから」と提案してみたところ、B子さんは了承し、男女の関係を持ちました。 それで、最低でも月に3回以上は会い、月々の契約料として、Aさん …

親が認知症になったら成年後見制度を利用しよう

Aさんには90歳になる父がいます。 1年ほど前に母が他界したのをきっかけに、父は認知症で入院しています。 Aさん自身は65歳で定年を迎え、現在Aさん夫婦に収入はなく、父の入院費はかなりの負担になっているということです。

ゴミ出しのルールを守らない人やルール違反者への対処法

Aさんの住む地域は住宅街で、Aさんの家と隣の家との間にごみの集積所があります。 これまでは大方ごみ出しのルールは守られてきましたが、ある日を境に頻繁にごみ出しのルールを守らない人が現れてきました。

電車の中で嘔吐物をかけられ洋服が汚れた場合の損害賠償

A子さんは残業で帰宅が遅くなり、最終電車で帰宅していました。 A子さんはドアの近くに立っていましたが、酒に酔っているように見えた隣の男性が突然嘔吐し、A子さんのスーツが汚れてしまいました。

英会話やパソコン教室を途中で解約した場合、一括で払った学費は返ってくる?

30代の女性A子さんは3年前の5月にパソコン教室に入学し、学費の50万円は一括で支払いました。 ところが入学から2か月後に妊娠していることが判明し、体調がよくなかったこともあり学校側に退学と返金を申し出ました。