トラブル解決ナビ

日常生活に潜んでいるトラブルを解決するための法律や事例を紹介しています。

福袋の中身が気に入らない場合、返品できる?

毎年、主婦のAさんは正月になると福袋を買うことを楽しみにしています。
昨日もバーゲンセールで、衣類が詰め込まれた3万円の福袋を発見し、購入するかどうか迷っていると、お店の店員がやってきて、着まわししやすい色の服が入っていて、サイズも大きめのものと説明されました。
これを聞いたAさんは福袋を購入しましたが、福袋の中からはベージュや黒以外に派手な色の服が数着出てきた上にサイズも小さいものがあり、Aさんが着られないものもありました。
お店に返品を申し出ると、一旦開けた福袋の返品は受け付けないと言います。
店員の説明とは違うものが入っていて、納得できないAさんはどうすればよいのでしょうか。
福袋の中身が気に入らない場合、返品できる?

この問題を法的に解決する場合、ポイントはやはり買ったものが福袋だったということです。

一般的に洋服を購入するときは、自分に合うサイズなのか、色合いはどうなのかなどをよくチェックして、最終的に商品を購入するというように決断します。
その最終的に購入を決断するに至るまでの動機について、自分の思惑と違っていたり勘違いしていたりした場合、動機の錯誤と言い、その動機の錯誤があったということになれば、その契約自体は無効という扱いになります。
つまり、買うまでの最終的な購入の意思を形成するまでの間、その過程について錯誤があったということであれば、購入したことは無効になるということです。

今回購入した福袋がどういう性質のものなのかというと、そういうものをいわば放棄したかたちの契約になり、中を楽しみに何が入っているかわからないところに意味があるということになります。

本来であれば、自分に似合うかどうかという過程の中で決めていきますが、福袋にはそれがどうかわからないものが入ってます。
その動機の錯誤を放棄して買うということが前提であり、福袋の楽しみということになりますので、返品することは難しいということになります。

返品すること自体は、契約の無効を主張することになり、そうするとやはり購入の過程で錯誤があったかどうかに関わってきます。
そうすると福袋については動機の錯誤は適用できないということで、無効は主張できず、無効を主張できなければ返品はできないということになります。

また、この店員から受けた説明と違うものが入っていたということですが、サイズが違っていて着られないものが入っていたりという場合は、お店側としても交換は認めてあげてもいいのかもしれません。
ただし、この場合はお店側との話し合いになってしまいます。

せっかく楽しみにして買うものなので、新年明けて初売りで福袋を買う方は、こういったことを踏まえたうえで福袋を買いましょう。

 - 生活のトラブル

  関連記事

酒の席で酔っ払っている人に殴られたり、暴力を振るわれたりしたら

居酒屋でお酒を飲んでいたAさんは、偶然隣に座った見知らぬ男性と野球の話で盛り上がりました。 始めは楽しく飲んで話をしていたAさんと男性でしたが、お酒が入るにつれてお互いに遠慮がなくなり、徐々にムードが悪くなってきました。

旦那名義のクレジットカードを勝手に使用した場合、支払い義務は誰にある?

ある日、Aさんの妻がAさん名義のクレジットカードを勝手に持ち出して、200万円分も衝動買いをしたということを告げられました。 しばらくしてAさんのもとには200万円の支払いを求める請求書が届きました。

英会話やパソコン教室を途中で解約した場合、一括で払った学費は返ってくる?

30代の女性A子さんは3年前の5月にパソコン教室に入学し、学費の50万円は一括で支払いました。 ところが入学から2か月後に妊娠していることが判明し、体調がよくなかったこともあり学校側に退学と返金を申し出ました。

又貸ししたものを返せないときは誰が弁償する?

会社員のA子さんは、知人から有名ブランドのネックレスを借りてパーティーに出席しました。 パーティーの数日後、今度はA子さんの家に友人のB子さんが遊びに来て、B子さんが、一日だけそのネックレスを貸してと言います。

ホームページ上の画像やイラストを無断で使用すると損害賠償が発生する?

イラストを書くのが好きなAさんは、趣味で書いたイラストをインターネット上のホームページで公開していました。 そんなAさんはある日、自宅の近くで居酒屋の入り口に貼ってあったポスターにAさんが書いたイラストが使われているのを見つけました。

駅前の放置自転車が引き起こした事故の責任は自治体や鉄道会社にある?

毎朝電車で通勤しているAさんの最寄の駅は自転車の違法駐輪が非常に多く、つい最近それが原因で大変なことになりました。 Aさんは前から来た人を避けようとして、違法駐輪している自転車に接触し、自転車もろとも将棋倒しとなり、額を8針ぬう怪我をしまし …

ゴミ出しのルールを守らない人やルール違反者への対処法

Aさんの住む地域は住宅街で、Aさんの家と隣の家との間にごみの集積所があります。 これまでは大方ごみ出しのルールは守られてきましたが、ある日を境に頻繁にごみ出しのルールを守らない人が現れてきました。

お金の貸し借りや賃貸借契約で効果を発揮する公正証書とは

Oさんは今度雑貨屋を開くことになり、それを友人に話すと「そういうことなら私も協力する」と、100万円を貸してくることになりました。 友人の厚意に対する誠意から、「いくら友人でもちゃんとした借用書を作ろう、利子は多めに払う」と言ったそうなんで …

別れたら付き合っているときにもらったプレゼントは返さなければいけない?

3年間付き合った彼と別れることを決めたA子さんが彼に別れ話を切り出したところ、「これまでプレゼントしたものをすべて返して欲しい」と言われました。 そこでA子さんは服やアクセサリなどを返しましたが、その後彼から連絡があり「やっぱり品物はいらな …

親が認知症になったら成年後見制度を利用しよう

Aさんには90歳になる父がいます。 1年ほど前に母が他界したのをきっかけに、父は認知症で入院しています。 Aさん自身は65歳で定年を迎え、現在Aさん夫婦に収入はなく、父の入院費はかなりの負担になっているということです。