トラブル解決ナビ

日常生活に潜んでいるトラブルを解決するための法律や事例を紹介しています。

兄弟の借金の返済をしつこく催促された場合、支払う必要はあるか

Aさんには兄がいて、兄は飲食店を営んでいましたが、2年程前から次々と近所にライバル店ができ、客足はどんどん遠のいて、先月ついにお店をたたむ事になってしまいました。
Aさんはお店の後片付けを手伝う事にしたそうなんですが、兄はショックのためなかなかお店に顔を出さず、一向に連絡がとれないという状況でした。
そこへ、複数の消費者金融から「兄と連絡が取れなくなり返済が滞っていて困っている。Aさんでも連絡が取れないようなら、代わりに返済してくれないか。」としつこく催促が来るようになりました。
兄はお店の運営費や改装費などのため、幾つもの消費者金融から総額約1000万円の借金をしていました。
Aさんは兄の助けになれば払ってもいいと思うんですが、何せ金額がAさんにとっては大き過ぎるという事です。
兄の借金を、保証人ではない妹が払う義務というのはあるんでしょうか?
また、しつこい催促を止めさせるにはどうしたらいいんでしょうか?
兄弟の借金の返済をしつこく催促された場合、支払う必要はあるか

まず、兄の借金を妹のAさんが支払う法的な義務はありません。
借金をした当事者は、兄とその消費者金融であり、Aさんはそれについて保証人にはなっていませんから、契約の当事者では無いという事になり、契約の当事者で無い人が法的に返済する義務は無いという結論になります。

いくら兄弟であっても、お金の貸し借りに関しては関係ないので、消費者金融は妹であるAさんに催促する事は本来は出来ないという事になります。

貸金業法では、法的な支払い義務の無い人に対して支払いを催促したりするという事は禁じられています。
ですから、あまりにも支払いの催促がしつこいという事でしたら、支払わないという明確な意思を表示して、それでもまだしつこく催促が来るという事であれば、金融庁に対して行政処分の指導の申し出などをするということになります。

Aさんが支払い拒否を明確に意思表示する場合に一番トラブルにならないためには、書面で意思表示した方が良いと思います。
また書面でも、内容証明郵便等でやった方が良いと思います。
時間的にそういう物が出来ないという事であれば、明確な意思をその場で表示するというのが一番良いです。
催促に来た時にその相手に対してはっきりと言うという事です。

そしてこれについて、例えば脅迫などがあった場合には、すぐ警察に届け出をするなどと、明確な支払い拒否の意思を表示する必要があります。

今回の結論は、お金の貸し借りに関してお兄さんの借金を妹さんが支払う義務は法的には無く、そして催促を受けたらしっかりと拒否をしなければいけないという事になります。

※借金関係の問題は専門家に無料相談しましょう。
・東京にある法律相談事務所「ジャパンネット法律事務所」
▼借金問題の専門!

・大阪にある法律事務所「ウイズユー司法書士事務所」
【債務整理】のことならウイズユー司法書士事務所

 - お金に関するトラブル, 家族のトラブル

  関連記事

なくした免許証や保険証を悪用されてお金を借りられてしまったらなくした本人に返済義務はあるか

Aさんは先日運転免許証をなくしてしまいました。 どこで落としたのか、家の中で紛失したのか、見当もつきません。 仮に屋外で落としていた場合、拾った誰かがその運転免許証を悪用し消費者金融や闇金などで借金をしたら、Aさんにその借金の支払い義務はあ …

親が認知症になったら成年後見制度を利用しよう

Aさんには90歳になる父がいます。 1年ほど前に母が他界したのをきっかけに、父は認知症で入院しています。 Aさん自身は65歳で定年を迎え、現在Aさん夫婦に収入はなく、父の入院費はかなりの負担になっているということです。

承諾なしに家族の借金の保証人にされてしまったら

Aさんは、独立して一人で暮らしていますが、先日、実家の父親が借金をした際に、Aさんを保証人にしたということを聞かされました。 Aさんはこの父親の借金について今まで何も聞かされておらず、保証人になることを承諾した覚えもありません。

年齢を偽って借金をした未成年の息子の借金を支払う義務は親にあるか?

Aさんの息子は19歳の学生で、親元を離れて一人で住んでいますが、先日息子から消費者金融から45万円の借金をしてしまい、自分では払えないから払ってくれないかという連絡がありました。 どうやら息子は19歳であるということを相手方の消費者金融に告 …

保証人でないのに家族の借金の返済をせまられたら

Aさんは両親と一緒に暮らしていますが、あるとき父親が株式投資に手を出して失敗し借金を作ってしまいました。 複数の貸金業者から借り入れをしているようで、貸金業者が度々自宅を訪れたり、電話をかけてきたりします。 Aさんがその対応をしていたところ …

借金を返せなくなったときに放置したケースと自己破産

現在60歳のAさんには、サラ金やクレジットカードなどでおよそ1000万円の借金があります。 これまで少しづつ返済してきましたが、最近は「もう完済できない」と思うようになりました。 自己破産することも考えたAさんですが、手続きにいくらかかるの …

離婚した夫が失業した場合、養育費は払ってもらえない?

A子さんは小さな会社を経営している夫と5年前に離婚し、子供を引き取り毎月10万円の養育費を受け取っています。 しかし先日、別れた夫から連絡があり、「経営している会社が倒産してしまったので来月から養育費が払えない」と言われてしまいました。

お金の貸し借りや賃貸借契約で効果を発揮する公正証書とは

Oさんは今度雑貨屋を開くことになり、それを友人に話すと「そういうことなら私も協力する」と、100万円を貸してくることになりました。 友人の厚意に対する誠意から、「いくら友人でもちゃんとした借用書を作ろう、利子は多めに払う」と言ったそうなんで …

借用書もなく他人にお金を貸したら返してもらえない?

Aさんはあるとき、婚約中の彼に、1年後の今日に必ず返すという約束で10万円を貸しました。 彼は「借用書を書く」と言ってましたが、Aさんは「婚約したのだから借用書は書かなくていいよ」ということでした。

婚約してから結婚までの話が全く進まない場合、婚約の解消はできるか?

A子さんには、3年間交際を続けている男性と2年前に婚約しました。 しかし婚約してから、A子さんが具体的な結婚の話をしようとしても、男性は結婚について具体的な話をしようとせず、はぐらかされてしまいます。