トラブル解決ナビ

日常生活に潜んでいるトラブルを解決するための法律や事例を紹介しています。

出世払いの借金の返済期限はいつ?

3年前、出世払いで返すからと借金を頼み込んできた友人に、現金10万円を貸しました。
この借金については契約書を交わしているわけではなく、特に返済の期日を決める事もしていません。
これまでに何度か返済を迫りましたが、まだ出世していないからと友人にその気配はありませんでした。
ところが先日、友人が勤める会社で係長になりました。
「出世したのだからお金を返してもらえる」と思っていますが、実際に返してもらえるのでしょうか?
出世払いの借金の返済期限はいつ?

出世払いという言葉の響きとしては、貸した方としては、返ってこなくてもいいかなという感じで貸したようなイメージがあるかもしれませんが、お金を借りたんですから、最終的には返さなきゃいけないという事になります。
出世払いと言っても最終的には返さないといけないお金であることには変わりませんが、普通の借金と違い、いつ返すかとうことが問題になります。

今回は、出世払いという事なので、返済の期限が付いています。
普通に借金した場合は、この日までに返済するなどと期日を決めて貸しますが、それは期限が期日で確定しているので、「確定期限」と言います。
これとは反対に、出世払いということですと、日付としては確定しませんので、法的には「不確定期限」と言います。
「確定」と「不確定」は、期限がいつまでにとはっきりしている場合と、期限は決まっていないが最終的には返さないといけないという場合の違いがあります。
不確定期限というのは、いつ来るかわからないけれども期限が必ず来るという事です。

要は「返せる目処が立った」ということと「返せなくなった」というどちらかになり、出世したのであれば返せる目処がついたとみなされます。
出世しなかった場合には返せなくなったのが、もうそこでわかったとみなされるので、出世してもしなくても、返さなければいけないという事になります。
いつ返すかということですが、出世した場合は、貸した方としては返済の期限がきたと解釈できるので、催促できるという事になります。

ただし、催促する場合には、相当期間を設けて請求しなければならないという事になっています。
借りている方としては急に請求されても、準備が出来ていない場合などがあるので、常識の範囲で相当期間を設けて催促するという事になっています。

いずれにしろ、貸した方の厚意で借りているので、借りた方は甘んじずに、出世したのであれば早く返して欲しいということになると思います。

 - お金に関するトラブル

  関連記事

借金を返せなくなったときに放置したケースと自己破産

現在60歳のAさんには、サラ金やクレジットカードなどでおよそ1000万円の借金があります。 これまで少しづつ返済してきましたが、最近は「もう完済できない」と思うようになりました。 自己破産することも考えたAさんですが、手続きにいくらかかるの …

離婚した夫が失業した場合、養育費は払ってもらえない?

A子さんは小さな会社を経営している夫と5年前に離婚し、子供を引き取り毎月10万円の養育費を受け取っています。 しかし先日、別れた夫から連絡があり、「経営している会社が倒産してしまったので来月から養育費が払えない」と言われてしまいました。

なくした免許証や保険証を悪用されてお金を借りられてしまったらなくした本人に返済義務はあるか

Aさんは先日運転免許証をなくしてしまいました。 どこで落としたのか、家の中で紛失したのか、見当もつきません。 仮に屋外で落としていた場合、拾った誰かがその運転免許証を悪用し消費者金融や闇金などで借金をしたら、Aさんにその借金の支払い義務はあ …

友人同士の借金の時効の援用権と喪失について

学生時代の友人と15年振りに再会したAさんは、15年前に友人から1万円を借りていたのを思い出しました。 Aさんは「利息は負けてくれ」と言って、その場で友人に1万円を返しました。 しかしその後日、Aさんは借金は10年で時効を迎えることを知り、 …

闇金などの高すぎる利息の借金は支払わなくていい?

Aさんは1年程前、生活費に困り、金融業者から月1割の利息でお金を借りました。 その後、借金も徐々に減ってきた時、Aさんは友人から「金利が高すぎるので払う必要がない」ということを聞きました。

友人同士の借金で利息は請求できる?

3年前友人に泣き付かれ、仕方なく現金50万円を貸したAさんは念のため、返済の時期などを記した契約書を交わしていました。 そして先日、その50万円が契約書通りの日付で、いさぎよく手元に返ってきました。

承諾なしに家族の借金の保証人にされてしまったら

Aさんは、独立して一人で暮らしていますが、先日、実家の父親が借金をした際に、Aさんを保証人にしたということを聞かされました。 Aさんはこの父親の借金について今まで何も聞かされておらず、保証人になることを承諾した覚えもありません。

差押えと仮差押えの違い

Aさんは、世話になっている叔父に「このところ会社が危なくなった。500万円ぐらい貸してくれないか」と言われ、借用書をちゃんと書いてもらい、快く500万円貸しました。 ところが、相当資金繰りが苦しいらしく、遂には自宅を売って事業資金に充てるら …

不利益事実の不告知があり購入したマンションの契約を解除できるケース

部屋からの眺めと日当たりのよさにこだわり、マンション探し続けていたAさんは、ついに希望に合う物件を見つけ、マンションを購入しました。 購入したマンションは、販売業者が「眺めも日当たりも良好です」と勧めてきたもので、その言葉を聞いた上でAさん …

保証人でないのに家族の借金の返済をせまられたら

Aさんは両親と一緒に暮らしていますが、あるとき父親が株式投資に手を出して失敗し借金を作ってしまいました。 複数の貸金業者から借り入れをしているようで、貸金業者が度々自宅を訪れたり、電話をかけてきたりします。 Aさんがその対応をしていたところ …